中高年のフォーマルウェア事情について

中高年のフォーマルウェア事情について

スポンサードリンク

中高年のフォーマルウェア事情はどうなっているのでしょうか。
中高年でもフォーマルウェアをまだまだ着用する機会は多いですし、新しく新調すると言う人もいると思いますが、実際のところ数十年前のように10万円以上も出してフォーマルウェアを購入している人というのはいるのでしょうか。

 

もちろん立場的にこのようにまだ上質のフォーマルウェアをオーダーメイドなどであつらえている人も中にはいますが、長引く不況もあり、それほど着る機会の少ないフォーマルスーツを新たに新調するとなった場合にはできれば、そこそこのレベルで安いものを選びたい、そんな風に考える人は増えているようです。

 

中高年のそういった考え方も後押ししてか、紳士服専門店やスーツ取扱店でも、1万円スーツ、3万円スーツ、5万円スーツといったように安いフォーマルスーツでもランクをつけて販売しているところはとても多いようです。

 

中高年なので少し立場的に1万円のスーツではまずいという場合でも、3万円、5万円も出せばかなり上等なフォーマルスーツを手に入れることができるので、選んでいる人は多いでしょう。
これまで着ていたスーツを下取りしてもらって、新調するといったケースも目立っています。

中高年のフォーマルウェア事情についてについての情報

スポンサードリンク

中高年のフォーマルウェア事情について記事一覧

中高年のブラックフォーマルについて

ブラックフォーマルスーツは、年に何回も着ることはありませんが、突然葬儀の知らせが来て、慌てて以前からある礼服を着て参加し、あまりのその古い礼服の着心地の悪さにぐったり疲れてしまうという経験はないでしょうか。このように私たちは中高年になると、古い礼服を着て参加することが難しく感じることがあります。その...

≫続きを読む