女性のスーツの選び方

女性のスーツの選び方

スポンサードリンク

ビジネスにしろフォーマルにしろ、スーツはきちんとしたイメージのある服ですから、しっかりと自分に合った物を選びたいですよね。

 

質の良いジャケットであっても、自分に合っていなければ台無しになってしまいます。

 

まず、ジャケットはきちんと肩幅が合っていないといけません。

 

自分の肩幅より大きなものはもちろんみっともないですが、小さいものであっても型崩れの原因になりますし、見た目も美しくありません。
しっかりと試着して、肩幅を確認しましょう。

 

スーツというのは、肩幅以外の部分ではお直ししてくれるところもありますので、とにかく肩幅を優先するのです。

 

ウエスト部分は、ジャケットのボタンをしめたとき、後ろからみてきちんとウエストのくびれがきれいにみえるかチェックします。
きつすぎるとシワができてしまうので、お腹とジャケットの隙間に手のひらが入るくらいの余裕は持つようにしましょう。

 

ヒップの一番高い位置に裾がくれば、どんなボトムスにも合わせやすいはずです。

 

スカートの場合、立った状態で膝の真ん中くらいの丈の物を選べば、どんなシーンであっても失礼になることはないでしょう。

 

しかし小柄な人は重たい印象になりますので、ぎりぎりで膝上のものが良いです。
スカート丈はどこでもお直しができるはずですので、きちんと自分に合わせましょう。

 

パンツの場合、ストレートなら足の甲に当たって少したわむくらの長さを、テーパードなら足の甲にぎりぎりで触れる長さのものを選びましょう。

女性のスーツの選び方についての情報

スポンサードリンク

女性のスーツの選び方関連ページ

スーツはセールで買うのがいいのか?
スーツはセールで買うのがいいのか?スーツがほしいと思っても、なかなか値段が高いから買えない、と悩む人もいると思います。しかし、セール期間ならばリーズナブルな値段で手に入るから、うれしいですよね。
レディーススーツは安いのか?
レディーススーツは安いのか?スーツと聞くと高いイメージがありますが、安い値段で買うことも可能です。たとえばしまむらならば、1万円前後で礼服を買うことが可能です。
レディーススーツでおすすめの店舗ってどこ?
レディーススーツでおすすめの店舗ってどこ?女性がスーツを買おうと思ったら、量販店よりも百貨店や通販サイトを使った方が良いでしょう。
オーダースーツは本当は安い買い物?
オーダースーツは本当は安い買い物?オーダースーツと比べると、既成スーツは安くで良いですよね。オーダースーツは出来上がるまでに待つ必要がありますが、既成スーツの場合、「明日スーツが必要」という時でも、すぐに入手が可能です。